給料日前ピンチの原因はコレ!

給料日前ピンチの原因はコレ!

ピンチを切り抜けているつもりが、さらにピンチを招いていたなんて!

A子さんは、給料日前になると「ドキドキ」だと言います。では、そのドキドキが給料日の何日前から始まるかを聞いてみました。

「給料日の後、家賃と光熱費とクレジットカードの支払いが終わると、もう次の給料日までドキドキです」

給料日前のドキドキではなく、給料日が終わったらもうドキドキが始まっていたのでした。つまり、ホッとするのは給料日直後だけです。どうしてこんな事になったのでしょう。

「光熱費が引き落とせなくなると困るから、貯金がなくなるとクレジットカードで買い物をして、何とか給料日まで生活して、それでクレジットカードの買い物も増えちゃうから支払いも多くなって・・・」

これでは、お金は残りません。一番の問題は、貯金がない時にクレジットカードで買い物をしてしまう事だったのです。

クレジットカードは、買い物をする時にカード会社にお金を立て替えてもらって、後払いするのですからお金を借りている事になります。ただ、キャッシングをする訳ではないので、お金を借りているという意識はありません。A子さんの場合はその場しのぎの自転車操業で、お金の問題を先送りにしていたのでした。


必ずお金は貯まります

「キャッシングやリボじゃないから、いいと思っていました」

現状で、キャッシングやリボ払いをすると、今度は返済のために新たな借金をしなくてはいけなくなりますので、絶対にやってはいけません。例えば、派遣のお仕事の契約が終わり、次の派遣まで期間が空いてしまったらどうなるでしょう?

「出て行くお金だけ増えて、もっと怖い事になりますね。これでは、転職もできません」

A子さんは、手取りが少ないからとお金を貯めるのをあきらめていましたが、つい買ってしまう、お菓子や飲み物、雑貨、デート代など見直す点はありそうです。まずは口座からの引き落としが一時的に増えた時にも慌てないように、定期預金を作ると普通預金の残高不足でも自動融資をしてくれるので、安心です。

「まずは、給料日に2000円、3000円でもいいから積み立てます」

そして、一番大切なのは自転車操業をストップさせるために、カードでの買い物をやめる事です。すでに今月はカードの支払いで現金が手元に残らない事が確定してるので、2ヶ月計画で支出の無駄を見直し、現金だけで買い物をしてもらうことにしました。

「これ以上カードの支払いが増えたらどうしよう、と思ってました。でも、無駄な出費をしなければカードを使わなくても生活出来る事がわかったので、頑張ります」

A子さんは、子供が大好き。将来は子供に関連する仕事か、教育関係の仕事に転職を希望しています。自分のキャリアアップのためにも、自分に投資出来るようなマネープランを早く身につけたいですね。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。