大きな勘違い「リボ払いは家計管理に役立つ?」

大きな勘違い「リボ払いは家計管理に役立つ?」

リボ払いは家計管理がしやすくなりそうに思えますが、いつまで返済が続くか分からなくなります。

38才、独身のB子さんの年収は700万円。お金が残らないような収入ではありませんが、お金が右から左に消えて行き、口座にとどまっていないそうです。

「親孝行のつもりで払っている母のマンションのローンの返済7万円と、自分の家賃15万円。生活費はどれくらい使っているかわかりません」

残りのお金は、公共料金、昼と夜の外食費、そしてクレジットカードの支払いに消えているそうです。問題はやはり、クレジットカードにありました。転職をして収入がアップしたころから、クレジットカードで買い物をする機会が増え、カードは3枚もっています。

「支払いが大変なときがあって、友人に相談するとリボ払いにすると家計管理しやすくなると言われて、それから2枚のカードはリボ払いです」

リボ払いとは、どんなに買い物をしても毎月1万円、2万円といった決まった額しか引き落とされず、残高は翌月以降に繰り越されます。もちろん、その間には15%の高い利息がつきます。

例えば、あるカードで100万円のお買い物をして、残高スライドリボ払いを選択すると、最初の返済額は3万円になります。残高が減ると毎月の返済額も減るので、返済が終わるまでになんと167ヶ月!14年近くかかってしまうのです。

頑張って毎月5万円ずつ元金を返済したとしても2年かかり、トータルで約17万円の利息を払う事になります。返済しながらさらに買い物を続けると、延々返済がつづく事になります。

将来が不安、何から始めたらいい?

幸いB子さんは、仕事もうまく行っていて、返済も滞った事がないので多重債務者にはならずにすみましたが、リボ払いのカードはおそらく限度額まで使っているとの事。このまま行くと、働いても働いてもカードの支払いと返済に追われ、自分の将来のためのお金を貯めるチャンスを逃してしまいます。

「何とか返済は出来ているのですが、老後の事を考えると、このまま独身だったら不安だと思って・・・」

B子さんにこんな話をしました。もし、カードの支払いに回っているお金を、10万円ずつ貯めるとしたら、25年後には3000万円になります。それを、リボ払いの金利のおよそ半分の8%で運用したら税引き前で9500万円になります。

「9500万円ですか?!950万円じゃなくて?」

そうです、1億円に近い9500万円です。B子さんが将来金の卵を産むニワトリを今食べないで大切に育てるには、これ以上カードの利用額を増やさない事です。カードを使わずに、その都度現金で買い物するようにしてください。

B子さんは今まで自己投資にはお金は惜しまず、仕事が快適に出来るならとマッサージやヒーリング、占いにも通いました。自宅でも快適が大事と冬も半袖でいられるほど部屋を熱くし、光熱費も気にしたことがありません。でも本当は快適に過ごすために、半袖になるほど熱くする必要はありません。快適と無駄の違いをしっかり理解して、1年半でお金を貯めるしくみを作る計画を立てました。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。