4週目:お金を貯める仕組みをつくる

4週目:お金を貯める仕組みをつくる

いよいよ貯蓄体質へ。3週目に作った「貯めるお金」を確保する仕組みを作りましょう!

いよいよお金を貯める時がやって来ました。3週目に「貯めるお金」を作りましたが、そのままにしておくと気づかずに使ってしまうので、まず使う前に「先取り貯金」。そして、月末の残高も翌月への繰り越し分をのぞいて「後取り貯金」します。

■インターネットバンキング←(手帳の実行予定日に書く)
これはネット専用銀行の事ではありません。普通の銀行のインターネットサービスの事です。今まで窓口やATMに並ばなければ出来なかった手続きが、パソコンやモバイルで出来るのでとても便利。また、利用ポイントが貯ったり、振込手数料が安いなどいろいろな特典もあるので、まだ使っていない人は申し込んでおきましょう。

■積立定期←(手帳の実行予定日に書く)
合格ラインは、手取りの10%〜20%です。会社で財形貯蓄が出来る人は、
「先取り貯金」で利用しましょう。財形がない人は、給料の振込口座から積立定期をします。三井住友銀行や、りそな銀行はインターネットバンキングから積立定期の新規口座開設が出来ます。

■貯める口座←(手帳の実行予定日に書く)
臨時収入や上手にやりくりして浮いたお金は、しっかり「後取り貯金」しましょう。これも、ずっと普通預金に置いておくと何かに消えてしまいます。臨時支出に備えたい人は、「貯める専用の口座」を作るのもいいですね。金利が少しだけ高いネット専用銀行もメリットいっぱいです。
・土日も深夜も、お財布のちょっと余ったお金を気軽に預けるならセブン銀行。セブンイレブンのATMで定期預金も作れます。
・ネットバンクで目的別の貯金を上手にするならソニー銀行「ほしいもの貯金箱」。かわいいペットが画面に出て来て、目的別の貯金箱が貯まるまで見張ってくれるので、励みになります。
・ネットオークション出展などで、他の銀行からの振込が多いならイーバンク銀行。なんと他行からの振り込み回数に応じて、現金がキャッシュバックされます。

いかがでしたか?現在都銀の定期預金の金利は、4年で0.45%、10年で0.75%くらいです。毎月2万円を0.5%で30年積み立てたとすると、なんと770万円になるのです!2万円を30日で割ると毎日約666円。夫婦ならたった333円ずつ、毎日お菓子やジュース、雑誌などに消えているお金を先取りするだけで将来はこんなに差がつきます。今でも、遅すぎる事はありませんよ!

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。