積立額いくらにする?

積立額いくらにする?

30万円貯まる仕組みの第一歩「貯める口座」は出来ました。次は収入によって、毎月の積立額を決めればゴールが見えて来ます。積立額の目安は手取りの7%〜20%。手取り25万円の人なら、その10%の2万5000円を、毎月積立貯金すれば利息がつくので、1年で30万450円になります。

■自信がない・・・
貯金をした事がない人は、最初はムリせず1万円からスタートしてみましょう。毎日300円程度、何かに消えていたお金を意識的に貯めるところからスタートします。1万円を2ヶ月続けても、生活が苦しくなければ、5000円ずつ積立額をアップしていきます。

1万円

1万5000円

2万円

2万5000円

2カ月毎に5000円ずつ積立額をアップすると、1年3ヶ月後には目標の30万円を超えます。ボーナスなど余裕がある時に追加で預入れをすれば、1年で目標達成も夢ではありません。

30万円、○年で貯めるには積立額は毎月いくら?


こんなときどうする?

■お金がピンチ!
残高が毎月の積立額よりも減ってしまった!こんな時は、あわてず積立はそのままにしておきましょう。1ヶ月お休みになり、また翌月に再開されます。翌月、2ヶ月分引き落とされる事はありません。積立をあきらめてしまったら、目標達成はできませんが、続けていれば、先に伸びますが必ず達成出来ます。

積立の設定額に無理がなかったか、なぜ支出が増えたかも調べておきましょう。

■会社の財形があるけど
会社の「財形」こそ究極の積立。お給料から天引きといって、自分の口座に入る前に積立てられるので、知らないうちにお金が貯まります。頑張っている人は、毎月10万円ぐらい貯めている人もいます。

住宅購入や老後の年金のために貯める財形は、通常貯金の利子にかかる20%の税金が、かからないというメリットがあります。住宅購入以外の目的でお金をおろすと、通常の貯金と同じように、利子税が課税されます。どんな目的でもお金が下ろせる「一般財形貯蓄」は利子税は課税されますが、会社によっては引き出した時に給付金がもらえる場合もあります。

財形は給料から引かれるので、残高不足で引き落とせないという事もありません。銀行のATMでお金を下ろすよりも、手続きをしなければいけない分不便なので下ろさない=貯まります。

住宅購入や、教育費のための融資も受けられるので、30万円を貯めた後も、さらにしっかり貯めたい人にお勧めです。

■収入にばらつきが・・・
自営業やフリーランスで、毎月決まった額が入ってこない人こそ積立をしておきましょう。残高がある時に、違う口座に移す貯めぐせがついていればいいのですが、忙しくてついそのままにしてしまいがちです。普通預金の残高がなくなっても、積立口座から積み立てたお金の90%を貸し出してくれますので、まずは銀行の最低積立額から始めてみましょう。

貯蓄とは違いますが、自営業者などの個人事業主が自分で将来のために退職金をつくる小規模企業共済は、貯めたお金がそのまま経費と同じように所得から引けるので、節税にもなります。掛け金は、毎月1000円から7万円まで500円単位で選べます。毎月5000円ずつ積み立てれば、5年で30万円を達成。そのまま収入に応じて、積立を続ければ、退職金が自分で作れます。

いかがでしたか?お金を貯めている人の多くは、積立を何らかの形でしています。銀行のホームページにアクセスして申し込む、最初のたった1時間がその後の将来を変える事は間違いありません。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

収入を増やそう

サラリーマンにとって、家計への収入は月給やボーナスですが、サラリーマン本人にとって、一番の関心事は自分が自由に使える小遣いがどれだけあるかということだろうと思います。小遣いを増やすことこそ、家族持ちサラリーマンの永遠のテーマでもあるのですね。

ところが、放っておいても小遣いが増えていく可能性が限りなくゼロに近いでしょうね。なぜなら、景気低迷によって給与増やボーナス増は見込めず、さらに政府は大衆増税路線によって、社会保険料や税金が増加傾向にあります。

家計の可処分所得が減少したとき、真っ先に切られるのは、残念ながら小遣いでしょうね。だから、小遣いを増やしたいのであれば、自ら稼ぐしか方法がありません。

サラリーマンの副業といえば、少し前までは、住宅メーカーの土日社員とか、コンビニエンスストアでアルバイトというイメージが強かったですね。しかし、今は、インターネットがあるので、外に出て働かなくても、小銭を稼ぐことが可能になってきました。

たとえば、インターネットオークションでは7割が個人で出品しています。懸賞応募マニアも多いですね。さらにはインターネットアンケート、バナー広告、インターネットショップの経営までありますので、あなたの小遣いを増やすために研究してみてください。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

手間を惜しまない

貯蓄基礎知識の衣料編ですが、衣料品については「買わない」という選択肢もあるのではないでしょうか。大抵の家には、着もしない衣料品が山のようにあると思います。それらを引っぱりだしてきて、着ていくだけでも、一生分が足りえているとも言われています。このような状況に多くの世帯がなっているのではないでしょうか。あなたの家のタンスの中を思い出してみてください。フリーマーケットでは、衣料品は二束三文で売られているのですから。

衣料品の購入には見栄が入っているのではないでしょうか。つまらない見栄を捨てることによって衣料費は大幅に節約できると思いますよ。

貯蓄基礎知識のレジャー編ですが、レジャー関連の割引制度は、無限にあると言っても過言ではないほどあります。インターネットによる予約、旅行代理店やコンビニの活用、クレジットカードの提示、クーポン券の利用など本当に様々な割引があります。

一般的に、遊びに行くところが決まったら、できるだけ早い段階でどのような割引があるのかを調べておくことです。時間に余裕があれば、より有利な割引手段を選択できるからです。肝心なのは手間を惜しまず、遠慮しないことです。

遊園地、映画、ホテル、ファミリーレストラン、旅行、ビデオ、CDやペット関連まで本当に沢山の割引がありますのでぜひあなた自身で調べてください。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

イタリア製のシャツやスーツ

貯蓄基礎知識の衣料編です。衣料費ほど単価に差のある商品はないでしょうね。シャツ1枚をとってみても、中国製の数百円のものから、イタリア製の数万円のものまで、価格差は100倍を超えます。もちろん、グラビアに登場しているモデルが高級ブランドの服を着ていると、パリッとしていて格好が良い。しかしその格好よさは、大部分が服の違いというよりも、着る人間の違いなのだ。

ある会社での実験ですが、ブランドのワイシャツと安価なワイシャツを比べたところ、男性社員はもちろんOLもタグを見ないかぎり分からないという声が大半を占めた。確かに、非常に安価な衣服の中には、明らかに安物と分かってしまうものもあるが、シャツでいえば、1000円程度のものなら、まず、高価なものか安価なものか分からない。

ビジネスマンの必須アイテムであるスーツも、1〜2万円程度のもので十分だと思う。確かに量販店の紳士服は、中国やベトナムで縫製されている。しかし、以前ベトナムの縫製工場の写真をみたことがありますが、日本人が指導をしていてきちんと丁寧な仕事がされているようです。ベトナム製だろうが、イタリア製だろうが、物理的な品質に大きな差はないのだ。むしろ大きく違うのはセンスだが、残念ながら日本の多くのサラリーマンはイタリアファッションを活かせるような体型をしていないのだ。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

家賃の安いところに引越

貯蓄基礎知識としてどうしても知ってほしいもので、できれば実行してほしいものがあります。賃貸住宅に住んでいる人にとって、家賃は家計の最大の支出項目ではないでしょうか。収入が下がる一方の昨今では、家賃を1万円でも2万円でも下げたいというのは切実な願いではないでしょうか。ところがデフレが進行するなかでも、実は家賃はさほど下落していません。分譲マンションの価格が半額になったとしても、家賃は半額にはなっていないのです。

そこで最も容易で、確実に家賃を半額にする方法として、郊外に引っ越すことを考えてみてはいかがでしょうか。都心部から通勤時間が1時間とか、1時間半のところまでいけが、家賃は都心部の半額まで下がるはずです。「遠くに行けば家賃は安くなるなんて当たり前だ」と思われるかもしれませんが、家賃の節約以外にも、食費などの日常生活コストを下げる効果があることも考えてください。

家賃が下がり、生活物価も下がる。だから都心部から離れて郊外に住むだけで、経済的に一石二鳥の効果が生まれます。これなら多少年収が下がっても十分に生活を維持できるでしょうね。また市町村によって児童手当、住民税、水道代などが違っていますので、よく調べて住む場所を決めてください。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

すぐに貯蓄を始めよう

貯蓄の心構えとしましては、収入を得て一定の生活をしたあとに残ったものを貯蓄に回すという考えではなく、まず収入から貯蓄金額を差し引いて残りで生活をするといった考えに変えてください。

貯蓄が少し貯まりますとつい気持が大きくなって貯蓄を取り崩して使ってしまう人がいるようですが、これは人生設計の中での貯蓄の役割をキチンと認識されていないからです。
貯蓄には長期的な出費に対する貯蓄もあれば、不意の出費に備えての貯蓄もあり、さらに出費には対応していない財産形成のための貯蓄もあるのです。

それぞれの貯蓄の目的に応じてあなたの貯蓄計画を具体的に始めてください。
支出に食費、水道光熱費や雑費などがあるように貯蓄にも複数の勘定科目が設定できるときっと貯蓄は成功するでしょうね。
貯蓄は決して目標ではありませんが、間違いなく目的ではあります。家屋を購入して素晴らしい家庭生活をおくることが大きな目標であった場合に貯蓄はあなたの目標を達成してくれるための手段であり方法なのです。貯蓄という手段や方法を持っていないで住宅ローンを組んで失敗した例がサブプライムローンという世界的な問題にもなっています。また給料がアップすることを前提として住宅ローン組んだ人が苦しんでいるのは日本でも数多くあるようです。

ゆとりのある生活をするために出来るだけ早く貯蓄を始めてください。


貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

高額の出費や不意の出費

貯蓄の心構えとしては、まず貯蓄の目的を明確にして貯蓄金額を設定し、さらにいつまでにいくらの貯蓄をするかを決める必要があります。収入があって普通に生活をしながら残ったお金を貯蓄に回そうとしてもなかなか貯蓄ができるわけにはいきません。

明確な貯蓄計画ができましたら、毎日の生活にまで落とし込んで確実に貯蓄を始めましょう。ことわざに「いつまでもあると思うな親と金」というのがありますが、お金を貯蓄しておかなければ大きな出費が必要になったときや、不意の出費にも対応できなくなります。

大きな支出を伴う出費がある程度人生設計の中で考えられると思いますから、具体的な出費に対応する貯蓄を出来るだけ早く始めることが一番大切でしょうね。
それなりに大きな出費とは車の購入や高額な家財の購入が考えられますし、一生のうちでは家屋の購入が最も大きな出費になるでしょうね。どのような出費の場合でも金融機関などでローンを組んで借入をしますと金利が必ず発生します。出来るだけ借入をしなくて済むようにしっかりと貯蓄をしてください。

理想的にはあなたが家屋を購入する際にも貯蓄で全額がまかなうことができることです。また家屋を購入しますとそれなりに固定資産税という税金が発生し、健康保険料も資産割で増額されるケースもあります。個々の税額については様々なケースがありますので、ここでは説明できませんが、ゆとりのある生活を望むのであれば貯蓄を欠かすことはできませんね。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

貯蓄の計画を立てよう

貯蓄の心構えとしまして漠然と100万円の貯金をしようと思った程度ではきっと100万円は貯蓄できないと思います。
貯蓄の心構えとしては出来るだけ大きな夢をたくさん書き出してすべてを貯蓄で購入できるだけの金額を考えるのです。

高額の買い物としては家屋でしょうね。この家屋の金融機関から借入することなく貯蓄で購入するつもりになってください。そしてあなたの年齢や家庭環境がわかっていませんが、老後に対する貯蓄も同時に始めるのです。すると貯蓄目標金額は数千万円にはなるはずです。

貯蓄目標金額を出来るだけ詳しく書き出して、あなたの人生設計をも含めて明確にさせてください。貯蓄だけに限らず目標を作成できたら時間を記入していきます。いつまでにいくらの金額を貯蓄するかということになってきます。

人生を逆算するわけですね。年金があてにならなくなってきたり、後期高齢者制度という実質の生活費の負担増にも対応できるようにゆとりのある貯蓄計画はどうしても必要です。
若い時に貧乏をしてお金がないのは何一つ問題ありませんが、年老いて就職したくても就職する年齢でなくなり体力的にも落ちてくるとお金がないのは惨めになってきます。

お金は全てではありませんが、貯蓄の計画はあなたの責任なのです。孫ができてお年玉や色々なお祝いをあげられないような生活を望んでいる人は誰一人いないはずですから。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。