家計簿を体で感じる

貯蓄を目的とした家計簿の話をしていますが、貯蓄計画表を十二分に機能させてください。
貯蓄計画表で作成しました貯蓄金額は給料が入ったときにすぐに貯蓄しておきましょう。そして貯蓄計画表に従って当月の細かい予算管理をします。

このとき多くの人は封筒を使っているようですね。特に毎月おきる大きな出費については複数の封筒に小分けをして予算管理をしているようです。ただし最近は銀行からの引き落としが多くなっていますので封筒への小分けはちょっと使えなくなってきましたが、支出金額をあらかじめ小分けするという考え方は大切かもしれません。

つまり引き落とされる金額が分かっているものやある程度予測のつくものは銀行の引き落とし日までに預金しますよね。この銀行に預金する時に家賃、電話代、電気代などを一括して預金するのではなく、家賃は家賃として、水道代は水道代として小分けして預金するのです。

家賃のように引き落とし金額が分かっているものは別ですが、水道代・電話代のようにはっきりと金額が確定されていないものについて予測で預金すると実際に引き落とされて金額との差を肌で感じることができます。

面倒でも引き落としの金額を預金するときには小分けをして預けてください。肌であるいは体で支出金額を感じることで自然と節約の気持がわいてきますから。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

家計簿の内容

貯蓄を目的として、家計簿をつけて日々の生活を節約しようとする家計簿が目的ですから、本来はあなた自身で工夫をする必要があります。
家計簿の基準は節約できる勘定科目をすぐにみつけることが出来るような家計簿が最高でしょうね。

一般的に水道代、ガス代や電気代は水道光熱費という勘定科目でひとくくりにされていますが、これでは節約には役立たないようです。もちろん水道代、ガス代、電気代の明細をみれば分かることですが、やはり家計簿で一目瞭然となるように勘定科目を工夫してください。

電話代にしましても携帯電話と固定電話の両方を使っている場合には、単に通信費とするのではなく、携帯電話費と固定電話費の2つに分けることをおすすめします。
するとどの電話が支出が多いのかがすぐにわかりますし、もし固定電話費が基本料金だけしか払っていないようでしたら本当に固定電話が必要なのかも検討しなければなりません。
このように貯蓄を目標にして節約を考えることの出来る家計簿にしましょう。

一般的に家計簿は年末に販売されていますので、お正月の前後でない時に家計簿をつけようと思った場合には市販の家計簿を手に入れることは難しくなります。
パソコンのエクセルを使って家計簿を作成しても充分ですが、毎月1回できればば週1回はプリントアウトして紙でチェックもしましょう。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

家計簿の必要性

貯蓄のためには家計簿は必要なものです。なぜ貯蓄のためには家計簿が必要なのかは無駄な浪費をなくすためです。家計簿をつけていると毎月の支出明細がわかります。自分で考えているのと実際に家計簿で表示された数字とのギャップが分かってくるのです。貯蓄と家計簿は車の両輪のようなもので、お金の流れをあなた自身が掴んでおかなければなりません。

毎日家計簿をつけるのが面倒な人は、手帳やメモ帳でも結構ですから毎日の支出を書くように習慣をつけてください。家計簿に記載するのを月1回にすると結構大変ですからできれば毎週1回は手帳やメモ帳から家計簿に転記するようにしましょう。
家計簿に転記しながらこの支出で本当に良いのか、もっと節約の工夫が出来るものはないかと考えるようにしましょう。

もしあなたが結婚をされているのであれば、家計簿でお金があるのかないのかや無駄な出費はないのかと話し合うことも非常に大切なことですね。
夫婦の会話が少ない昨今ですが、家計についてあるいは将来について家計簿を中心にして話をすることも決して悪いことではありませんね。

ただしあまりじめじめした家計簿の話にならないように、貯蓄で将来は自分の家が持てるとか、毎年旅行に行けるとか楽しい会話となるようにしてくださいね。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。