こんなにたくさん貯蓄しているの!

2003年9月に金融広報中央委員会から発表された「家計の金融資産に関する世論調査」では、貯蓄を持っている人の平均貯蓄額は1460万円という結果でした。最も人数が多いのは『400万円』統計数値を見る場合に「最頻値」という見方をする方法があります。でも、安心してください。貯蓄がない人も合わせた全世帯の平均は1099万円。20代は200万円未満の人がほとんどさらに年代別でみると、貯蓄を多く持っているのはほとんど60歳以上の人が占めています。

貯蓄の少ない順から多い順に並べてちょうど真ん中に位置する世帯の貯蓄額は850万円。これを中央値といいますが、これでもまだ「自分よりも貯蓄が多い」と感じる人が多いかもしれません。退職金をもらったり、老後のために長い間蓄えているわけですから、若い人がそれより貯蓄が少ないのは当たり前なのです。20代では200万円未満の人が約半数。

30代、40代になってくると、貯蓄をしている人、していない人、すでに住宅などを買って貯蓄が減った人などライフプランの違いによってバラつきがでてきます。100万円以上200万円未満も193世帯ですから、平均値や中央値よりも少ない人が多いということがわかります。今回の調査でいくと300万円以上400万円未満の201世帯が最も多くなっています。あなたは今いくらの貯蓄を持っていますか?自分の貯蓄も思ったように増えず悩んでいる人も多いと思いますが、みんなはいくらくらい貯蓄しているものなのか。

「こんなにたくさん貯蓄しているの!」と驚いた人も多いのではないでしょうか。他人の財布も気になるところでしょう。平均額は一部の高額貯蓄保有世帯の影響を受けて、実態よりも高い金額になる傾向があります。これは、最も人数が多いところはどこか、ということです。

貯蓄額は変更しない

一度決めた貯蓄額は変更しないようにしましょう。
貯蓄は決して易しいことではありません。ある程度の決心や覚悟がなければなかなか貯蓄金額が増えることはないでしょうね。しかも給料が減ったり、残業が減ったりさらにボーナスもカットされたりと多くの人は収入が減ることが多いと思います。

この収入が減る中では、貯蓄割合は今までの同じでも実際に貯蓄する金額も減っていくことになっていきます。収入が減る中で貯蓄金額を変更せずに貯蓄を継続させるには家計のやりくりとアルバイトを考えるしか方法がありませんね。

まずは家計のやりくりですが、収入が減った時には減った収入の2倍の節約を考えましょう。そして一番やりやすい部分から確実に実行に移すようにしてください。

仮に電気代を節約するためにこまめに電気を消すとか、待機電気を使っているような電気製品についてはコンセントを抜くとかの方法がありますよね。
何か一つだけに取り組むと自然に生活の流れが変わってきます。電気代を節約していると自然に水道代やガス代も節約するようになりますから安心してください。

とにかく貯蓄のために家計を節約しようとする時にはあれもこれも節約することを考えることが重要ですが、全てを実行するのは意外と大変です。
そこで最も実行しやすいものから手をつけてあなたの支出が減るようにしましょう。

日々ではわずかな金額であっても、年間を通じると意外と大きな結果となっている場合が多いです。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

収入の25%を貯蓄へ

貯蓄額の全国平均が1460万円ということが2003年に発表されましたが、これは一部の高額貯蓄者が含まれているためです。貯蓄額の統計を改めて実際にちかい形で読んでみると、通常の家庭での貯蓄額は850万円となっていました。
貯蓄金額や貯蓄割合には様々な意見が出ていますが、低い貯蓄金額と貯蓄割合では収入の10%を貯蓄に回す。そして年収の貯蓄金額を目指すというものもあります。

この貯蓄は全く使う予定のない余裕資金としての貯蓄であると私は考えます。全く使う予定のない貯蓄とは不測の事態に備えるためだと考えてください。
あと貯蓄の目的には車購入のための貯蓄や、結婚の準備資金としての貯蓄や、将来家屋購入のための貯蓄などが考えられます。この目的を持った貯蓄と目的のない貯蓄と合算して収入の25%の貯蓄をおすすめします。

3年で1年分の生活費を貯めること、そして9年で3年分の貯蓄ができることをお薦めします。全く貯蓄のない生活はハッキリ言って不安ですよ。いつ病気するかも知れない、いつ勤務先が倒産するかもしれない、倒産しないまでもリストラや減給などなどに対応できる体制を日々の生活の中からつくっていきましょう。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

貯蓄額と負債額

貯蓄をする上で知っておきたいこととして、日本人の平均貯蓄額というものがあります。2003年の統計ですが年代別平均貯蓄額が出されています。
 20代  453万円
 30代  596万円
 40代 1048万円
 50代 1514万円
 60代 1938万円
 70代 2066万円
この平均貯蓄額の統計は銀行などの預貯金と保険を合計したものと思われますが、20代での貯蓄金額が優秀だと思います。30代での平均貯蓄金額が意外と少ないのは子供が出来たり、さまざまな出費があることが想定できますね。

ただしこの貯蓄金額は一部の高額貯蓄者によって高くなっているようですので、他の資料から調べてみましたら
 20代 男性105万円 女性 87万円
 30代 男性367万円 女性250万円
という貯蓄額が書かれていました。私の想像ではきっと女性の方が貯蓄額が多いだろうと思っていましたが、男性が頑張っていますね。

つぎに貯蓄の反対に位置する負債額も調べられていましたので参考にしてください。
 20代 男性 70万円 女性 18万円
 30代 男性377万円 女性148万円 
 40代 男性475万円 女性295万円
となっています。住宅ローン、教育ローンや車のローンなどが年齢とともに増えているのではないかと想像できます。
貯蓄金額と負債金額を見比べてあなたが将来ローンを出来るだけ組むことがないように今から貯蓄に励んでください。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。