給料日前ピンチの原因はコレ!

給料日前ピンチの原因はコレ!

ピンチを切り抜けているつもりが、さらにピンチを招いていたなんて!

A子さんは、給料日前になると「ドキドキ」だと言います。では、そのドキドキが給料日の何日前から始まるかを聞いてみました。

「給料日の後、家賃と光熱費とクレジットカードの支払いが終わると、もう次の給料日までドキドキです」

給料日前のドキドキではなく、給料日が終わったらもうドキドキが始まっていたのでした。つまり、ホッとするのは給料日直後だけです。どうしてこんな事になったのでしょう。

「光熱費が引き落とせなくなると困るから、貯金がなくなるとクレジットカードで買い物をして、何とか給料日まで生活して、それでクレジットカードの買い物も増えちゃうから支払いも多くなって・・・」

これでは、お金は残りません。一番の問題は、貯金がない時にクレジットカードで買い物をしてしまう事だったのです。

クレジットカードは、買い物をする時にカード会社にお金を立て替えてもらって、後払いするのですからお金を借りている事になります。ただ、キャッシングをする訳ではないので、お金を借りているという意識はありません。A子さんの場合はその場しのぎの自転車操業で、お金の問題を先送りにしていたのでした。


必ずお金は貯まります

「キャッシングやリボじゃないから、いいと思っていました」

現状で、キャッシングやリボ払いをすると、今度は返済のために新たな借金をしなくてはいけなくなりますので、絶対にやってはいけません。例えば、派遣のお仕事の契約が終わり、次の派遣まで期間が空いてしまったらどうなるでしょう?

「出て行くお金だけ増えて、もっと怖い事になりますね。これでは、転職もできません」

A子さんは、手取りが少ないからとお金を貯めるのをあきらめていましたが、つい買ってしまう、お菓子や飲み物、雑貨、デート代など見直す点はありそうです。まずは口座からの引き落としが一時的に増えた時にも慌てないように、定期預金を作ると普通預金の残高不足でも自動融資をしてくれるので、安心です。

「まずは、給料日に2000円、3000円でもいいから積み立てます」

そして、一番大切なのは自転車操業をストップさせるために、カードでの買い物をやめる事です。すでに今月はカードの支払いで現金が手元に残らない事が確定してるので、2ヶ月計画で支出の無駄を見直し、現金だけで買い物をしてもらうことにしました。

「これ以上カードの支払いが増えたらどうしよう、と思ってました。でも、無駄な出費をしなければカードを使わなくても生活出来る事がわかったので、頑張ります」

A子さんは、子供が大好き。将来は子供に関連する仕事か、教育関係の仕事に転職を希望しています。自分のキャリアアップのためにも、自分に投資出来るようなマネープランを早く身につけたいですね。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

大きな勘違い「リボ払いは家計管理に役立つ?」

大きな勘違い「リボ払いは家計管理に役立つ?」

リボ払いは家計管理がしやすくなりそうに思えますが、いつまで返済が続くか分からなくなります。

38才、独身のB子さんの年収は700万円。お金が残らないような収入ではありませんが、お金が右から左に消えて行き、口座にとどまっていないそうです。

「親孝行のつもりで払っている母のマンションのローンの返済7万円と、自分の家賃15万円。生活費はどれくらい使っているかわかりません」

残りのお金は、公共料金、昼と夜の外食費、そしてクレジットカードの支払いに消えているそうです。問題はやはり、クレジットカードにありました。転職をして収入がアップしたころから、クレジットカードで買い物をする機会が増え、カードは3枚もっています。

「支払いが大変なときがあって、友人に相談するとリボ払いにすると家計管理しやすくなると言われて、それから2枚のカードはリボ払いです」

リボ払いとは、どんなに買い物をしても毎月1万円、2万円といった決まった額しか引き落とされず、残高は翌月以降に繰り越されます。もちろん、その間には15%の高い利息がつきます。

例えば、あるカードで100万円のお買い物をして、残高スライドリボ払いを選択すると、最初の返済額は3万円になります。残高が減ると毎月の返済額も減るので、返済が終わるまでになんと167ヶ月!14年近くかかってしまうのです。

頑張って毎月5万円ずつ元金を返済したとしても2年かかり、トータルで約17万円の利息を払う事になります。返済しながらさらに買い物を続けると、延々返済がつづく事になります。

将来が不安、何から始めたらいい?

幸いB子さんは、仕事もうまく行っていて、返済も滞った事がないので多重債務者にはならずにすみましたが、リボ払いのカードはおそらく限度額まで使っているとの事。このまま行くと、働いても働いてもカードの支払いと返済に追われ、自分の将来のためのお金を貯めるチャンスを逃してしまいます。

「何とか返済は出来ているのですが、老後の事を考えると、このまま独身だったら不安だと思って・・・」

B子さんにこんな話をしました。もし、カードの支払いに回っているお金を、10万円ずつ貯めるとしたら、25年後には3000万円になります。それを、リボ払いの金利のおよそ半分の8%で運用したら税引き前で9500万円になります。

「9500万円ですか?!950万円じゃなくて?」

そうです、1億円に近い9500万円です。B子さんが将来金の卵を産むニワトリを今食べないで大切に育てるには、これ以上カードの利用額を増やさない事です。カードを使わずに、その都度現金で買い物するようにしてください。

B子さんは今まで自己投資にはお金は惜しまず、仕事が快適に出来るならとマッサージやヒーリング、占いにも通いました。自宅でも快適が大事と冬も半袖でいられるほど部屋を熱くし、光熱費も気にしたことがありません。でも本当は快適に過ごすために、半袖になるほど熱くする必要はありません。快適と無駄の違いをしっかり理解して、1年半でお金を貯めるしくみを作る計画を立てました。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

手元にお金が残らないあなたの理由

手元にお金が残らないあなたの理由

派遣社員のA子さん23才。外資系企業にお勤めのB子さん。この2人の収入は3倍以上の差がありますが、偶然にも同じお金の悩みを抱えていました。その悩みとは、手元にお金が残らないこと。話を聞くと、この2人のお金が手元に残らない理由は、ある共通の習慣があったからでした。


断れないA子さん

派遣社員のA子さんの手取りのお給料は18万円。一人暮らしで、半分が家賃に消え、残りの9万円でやりくりしています。お米を会社の上司にもらったり、自炊を心がけるなど努力はしているのですが、お金が手元に残りません。

「お店に入ると断れないんです。だから、本当に欲しいものがあるときしかお店に入らないんですけど。このコートも予算1万円のつもりでお店に入ったら、まず店員さんに着ていた服をほめられて、他の店員さん2人にも『最後の1点です』『お似合いですよ』って言われて、逃げられなくなって・・・。結局3万円だったんですが、買っちゃいました」

A子さんは、お金が貯まらない原因は自分の意志の弱さだと思っていました。店員さんに囲まれると断れないので、予算をオーバーしてもつい買ってしまうと。断れない人に、わたしはマネーカウンセリングで「断るセリフ」を覚えてもらっています。A子さんにもいくつかアドバイスしました。その中でA子さんが気に入ったセリフは。

「たくさん試着させていただいて、ありがとうございます。せっかくなので、ちょっと他も見てみますね。もし、売れちゃったら縁がなかったとあきらめます!」

これなら「売れちゃいますよ!」の攻撃もかわせます。他のお店も見ながらクールダウンして、よく考える事が大切です。でも、A子さんの3万円のコートは、とっても素敵だったので「こんな高いのを買っちゃった」と思うのではなく、いいコートを買ったんだから頑張ってお仕事しよう!と思って下さいとお話しました。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

貯蓄が増えた理由は?

貯蓄が増えた理由は?
キャリアアップを目指したり、家計の見直しなど今からできることを1つでも始めてみましょう。これをそのまま消費にまわさず、きちんと貯蓄しているところはさすがです。年功序列賃金から能力給制に変えた企業も増えていますが、20代〜30代ではこれが収入アップにつながった人もいるでしょう。まだまだ明るい兆しは見えてきませんが、貯蓄がまったくできない状態が続くと不安が増すばかりです。

同時に「子どもの教育費のため」も40代では多くなっています。貯蓄が減った理由は?貯蓄が減った理由のトップは「収入が減ったので、貯蓄を取り崩した」。年金が減るかもという将来への不安や、子どもの教育費や住宅費用のためなど目的はいろいろかと思いますが、「貯蓄する」という意識が高まっているのも感じます。厚生労働省が2月2日に発表した2003年の毎月勤労統計調査(速報)によると、月間平均給与は34万1820円で前年比0.4%減少し、3年連続の減少となりました。

貯蓄が増えた理由は?給料カットや社会保険料のアップなど、収入減になった人も多い中、貯蓄を増やしている人はどんなことをしているのでしょうか。

最も多いのは意外にも「収入が増えたから」。正社員だけ見ると1.3%減と6年連続の減少となっているそう。一番お金のかかる時期に収入減のあおりを受ける40代は厳しい世代といえそうです。特に40代では半数以上がこの理由。次に多いのは「貯蓄割合を引き上げたから」。

毎月こつこつと貯めるコツ

毎月こつこつと貯めるコツ
教育費や住宅ローンなどを払いながら20年間に2.5倍強も資産を増やしています。毎月こつこつ積み立てるコツは?2006年の金融資産保有平均額、30歳代の455万円に対し50歳代は1154万円です。ちょっと計算してみましょう。

無理のない金額でスタートし、余裕度にあわせ少しずつ金額をアップする給与天引きや自動積立の金融商品を利用する積立目標によっては融資の可能性を考える係数表を利用して目標達成が可能か、貯蓄期間や金額をチェックする目的に合う金融商品を選ぶ。455万円を20年間2%で複利運用すると、20年後には約676万円になります。毎年いくら貯めればいいと思いますか?20年間、年率2%(1年複利)の金融商品では、毎年約20万円(毎月約1.7万円)、年率3%では毎年約18万円(毎月約1.5万円)を積み立てるだけ! 毎月3万円積み立てることができるのであれば、年率2%では12年弱、3%では11年強の間がんばればいいのです。

どうです、これならできそうでしょう。毎月こつこつと貯めるコツは、次の5つです。50歳代で1154万円を貯蓄するには、20年間に不足分478万円(1154万円−676万円=478万円)を貯めればいいのです。

無理のない金額でスタートし、余裕度にあわせ少しずつ金額をアップする
給与天引きや自動積立の金融商品を利用する
積立目標によっては融資の可能性を考える
係数表を利用して目標達成が可能か、貯蓄期間や金額をチェックする
目的に合う金融商品を選ぶ

毎月こつこつと長〜い期間複利運用しながら積み立てていくと、予想以上にお金が貯まることがわかります。私にはできない……、と思ったあなた、そんなことはありません。

資産運用は必須

資産運用は必須
6%複利の利回りで30年間の積立ができれば、3,000万円の財産を築くのに毎月必要な積立額は約3万円です。ラクに早く財産を増やしたいなら資産運用は必須より少ないお金でラクに多くの財産をつくりたい 早く少ない金額で蓄えたいなら、資産運用で金融商品を活用する力をつけて、積立利回りをアップさせていくことをおススメします。自分自身の将来ためや家族のためにも、目標を定めて計画的にコツコツと財産を築いていこうとする人と、何となく蓄えをする人では、1年後・10年後・30年後の資産状況が大きく異なります。

5%複利の利回りで積立ができれば、毎月5万円ずつを25年間積立てた時点で約3,000万円に到達できる計算です。親切な金融機関なら、利回り3%あるいは5%を目標に毎月の積立をしたいと言えば、いくつかの金融商品の組み合わせを提案してくれます。

87,500円より少ない金額で早く積み立てることができます。決して不可能な額ではありません。

皆さんはどちらが良いですか?。この目標利回りは金融商品の組み合わせで、多少のブレはありますが、ある程度狙うことができます。

二つの貯蓄パターンの大きな違いは、前者は目的と計画をもってそれに向けてコツコツとお金を貯める人、後者はなんとなくお金が余ったら蓄えに回す人とに大別できます。

皆さんはどちらでしょうか?。

支出からまず貯蓄を引いって残ったお金で家計をやりくりする人は着実にお金が貯まる人、収入に対してつかった残りお金で貯蓄をしようとする人はなかなかお金が貯まらない人です。

着実に目標額を貯める方法●収入−貯蓄=支出●収入−支出=貯蓄あなたは、余ったお金で貯める人?まずは貯蓄する人? あなたの家計の貯蓄方法はどっちですか?同じことのようにみえますが、結果には大きな違いがあります。

逆算貯蓄法

逆算貯蓄法
目標もなくお金を貯めていくよりは、目標額や期間を決めて蓄えていく方が、自分自身の目安もできますので、断然やる気がでてくるものです。あるいは、定年までの30年間に3,000万円貯めるなどです。目標と期間を定めたら、逆算して今月からいくらを貯めていけば良いのかを単純計算してみましょう。

●10年間で600万円貯める10年間で600万円蓄えるなら、金利ゼロで計算すると、600万円÷10年間=1年あたり60万円の貯蓄(1ヶ月あたり50,000円の貯蓄)が必要ということが分かります。600万円や3,000万円などという金額は、何となく貯まる金額ではありません。

●30年間で3,000万円貯める3,000万円÷30年間=1年あたり100万円の貯蓄(1ヶ月あたり87,500円の貯蓄)が必要です。目的をもつか、もたないかで達成度合も変わる 例えば、10年後のマイホーム購入の頭金づくりのために600万円を貯める。

逆算貯蓄法による毎月コツコツの蓄えが大きな財産を築く今は貯蓄も少ないから、将来も多くの貯蓄や財産づくりは望めないと考えていませんか?お金はあなた次第で貯まりますからご安心を。それだけの貯蓄を30年間継続するのはちょっとキツイですね。

お金がしっかり貯まるタイプ

お金がしっかり貯まるタイプ
お金がしっかり貯まるタイプ[収入−貯蓄=支出]タイプの場合は、あらかじめいつまでにいくらを貯めるという目標を立て、そのためにいつから毎月・毎年いくらずつ貯めるという逆算をします。例えば10年後に家の頭金として500万円を準備したいとすると、1年当たり50万円(500万円÷10年間)、一ヶ月で約41,700円(500,000÷12ヶ月)のお金を、財形・定期積立・投資信託の積立など活用してコツコツと蓄えていきます。

お金が貯まる人と貯まらない人の行動の違い。お金がなかなか貯まらないタイプ[収入−支出=貯蓄]タイプの場合は、給料が銀行口座に振り込まれると、その中からまとめて、あるいは必要な都度お金を引き出します。そして、口座引き落としや給与天引きなどを活用し、お金をつかう前にまず貯蓄するお金を優先的に積立てる仕組みづくりをしています。

目標となる金額や、いつまでにという期間も明確ではない場合が多いので、蓄えたお金を取りくずすことについても抵抗感がなく、貯めてはつかいまた貯めてはつかうことを繰り返しがちです。

お金が貯まらない理由は意外に単純 結果的に銀行の普通口座に残ったお金をそのまま口座の中に放置するか、ある程度の金額が貯まったら、時々定期預金などに移し変えたりして、それなりにお金を貯めていきます。

貯蓄額は?

貯蓄額は?
参考程度に見ておく程度で良いでしょう。また、特に平均額こだわる必要もありません。現在、[収入−貯蓄=支出]タイプの家計だったら、そのまま継続しましょう!毎月の貯蓄をしっかりクリアできていて、さらに貯蓄力をつけたければ、毎月の貯蓄額を現在の金額より、1〜2万円増やすことにもチャレンジしてみるとよいですね。

●29歳以下   353万円●30〜39歳   397万円●40〜49歳  1,169万円●50〜59歳   1,612万円●60〜69歳  2,198万円●70歳以上  2,120万円同世代の家計の平均額と比べて、皆さんの貯蓄額はどうでしょうか?金額はあくまで平均値です。これからは支出と貯蓄に入れ替えることで、お金が貯まる家計に体質改善できます。

同世代の家計の貯蓄額他の家計はしっかり貯めている 金融広報中央委員会の総務省「家計調査年報」等をもとにした、2005年の「勤労者世帯の世帯主年齢別貯蓄残高、貯蓄年収比」データによると、各世代の貯蓄残高は次のとおりです。一部の資産家の方の貯蓄額などにより、実態よりやや多めに出ている金額と考えて下さい。

今より家計を強化したいなら「収入−支出=貯蓄」タイプの家計だったらラッキーです。同じ年代でも収入や家族構成、今後の人生計画も異なります。

シンプルな生活に

貯蓄には節約は避けて通れないと書きましたし、貯蓄の第一歩は部屋の整理整頓とも書かせていただきました。

不用な物を処分するとさらに節約が出来るのですよ。例えば冷蔵庫ですが、冷蔵庫の中にぎっしりと食品や調味料が入っていると電気代が余分にかかっているようですね。冷蔵庫の中だけでなく部屋という空間でも同じことが言えると思います。毎日時間を決めて部屋の整理整頓をするように時間の工夫をしてください。整理整頓の時間は10分程度でも結構だと思いますよ。毎日少しだけも片付けているとそれほど多くの時間は必要ないと思います。

本気で貯蓄をしようと思えば整理整頓をして不用なものを捨ててわけですが、今後は不用なものを購入しないようにしてくださいね。不用なものの購入は間違いなく浪費につながります。本当に必要なものだけを購入して残ったお金は貯蓄に回すのが絶対に正しいです。本当に購入が必要なものって以外に少ないのですよね。購入せずに借りたり、代用品を使ったりすることも生活の智恵ではないでしょうか。

貯蓄のために節約だとばかり思っていると息が苦しくなってきますので、シンプルな生活と金銭的にゆとりのある生活を目指しているのだと考え方を少しだけ変えてください。もちろんやっていることは同じですがね。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

避けて通れない節約

貯蓄を考える時に避けては通れないのが節約です。節約というと貧乏臭く感じる人もいるかもしれませんが、将来に向かって明るい展望が開けると思い貯蓄のためだけではないと思ってください。

貯蓄の目的があなた自身にはっきりしていれば決して貯蓄が無理ではありません。貯蓄のために時間を失ったり、健康を害することは決してありませんから。むしろ浪費を止めることによって時間が増える場合もありますよ。それほどの用事もないのに単に休息だけで喫茶店に入って無為な時間を過ごしたりする時間が有効に使える場合もあります。

タバコを吸っている人はタバコを止めることで、タバコ代を貯蓄に回すことも出来るでしょうし、健康のためには良いことだと言われているほどです。時間を有効に使い、健康にもなりさらに貯蓄が出来るという生活をぜひ習慣化させてください。

お金の節約に関してや、あるいはお金の使い方や貯金の方法については学校では全く教えてくれるところはないようですね。貯蓄を目指す人は今からでも遅くないので節約の方法を勉強されて貯蓄がふえるようにしましょう。節約とケチとは全く違いますので義理を欠くことがないように毎年の義理を果たすことが出来るように貯蓄の年間計画で練り上げておいてください。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

金融機関以外の貯蓄

貯蓄をするときに通常は銀行などの金融機関を使いますよね。しかしある程度お金が貯まってきましたら様々な貯蓄方法を検討してみてください。ただし絶対に無理のない範囲で貯蓄をされることをおすすめしますね。間違ってもリスクの高い金融商品に手を出す場合は慎重に、そして資金的に余裕のある場合だけにしてくださいね。

貯蓄とは貯めることを目的としていますが、実は使うための貯蓄もあるのです。

1、 デパート積立
デパートで12ケ月間積み立てを行うと1ケ月の利息がつくものがあります。実質的に8.3%という高利回りになりますね。デパートで購入の予定があったり、お歳暮やお中元にデパートを利用するようでしたら検討してください。

2、 旅行券積立
旅行の計画がある場合には絶対お薦めですね。旅行会社にお金を積み立てると、満期時に一定のサービス額が上乗せされた旅行券が受け取れるのです。間違いなく定期預金よりも利回りが良いので有利ですね。

他には「純金」「葬祭会館」「灯油」などがありますね。銀行・証券会社・保険会社などの金融機関以外にも積立がありますので、あなたの生活に合わせて有利な積立を見つけて利用してください。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。