国教育ローンの対象学校と使い道等

国教育ローンの対象学校が約款に書かれていますが、実際にはほとんどの学校で国教育ローンを借りることが出来るようですね。国教育ローンのパンフレットから抜き書きしてみますと
大学院(法科大学院など専門職大学院を含みます。)、短期大学
高等学校、高等専門学校
専修学校、各種学校、予備校、経理学校、デザイン学校など
特別支援学校の高等部
外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院など
  (6ヵ月以上の留学に限ります。なお、ご契約時にビザの提示が必要となります。)
その他職業能力開発校などの教育施設
※ 学校によっては一定の要件を満たす必要があります。
となっていますから、まずほとんどの学校が大丈夫だと思いますね。
次に国教育ローンの使い道が限定されていますが、結構使い道の範囲が広いですね。国教育ローンのパンフレットから抜書きしてみますね。

学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)
受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料など
※ 今後1年間に必要となる費用がご融資の対象となります。
※ 入学資金については、入学される月の翌月末までのお取り扱いとなります。

詳しいことについては国民生活金融公庫のホームページで確認してください。一応教育ローンの紹介をしていますが、できれば借入をしなくても済むように貯蓄に励んでくださいね。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

国教育ローンが借りられない場合

せっかくできるだけ節約をして安い金利の国教育ローンを借りようと思っていても国教育ローンが借りられない場合があります。まず国教育ローンが借りられない場合というのは、国教育ローンの対象外の学校だったばあいですね。国教育ローンの対象となる学校であるかどうかを調べておいてください。次に収入が多いと国教育ローンを借りることができません。教育一般貸付では、年収が990万円以上とか、自営業者で770万円以上の収入がある家庭では国教育ローンを借りることができません。

国教育ローンの借入申し込みをする時には必ず、国教育ローンの対象学校であることと、年収を確認してから申し込みをしてください。

国教育ローンとは別に「年金教育貸付」という制度があります。これは年金加入機関が10年以上で、2年間で未納がない場合で、国教育ローンと同様に対象学校や収入制限があるようですね。
年金教育貸付は、国民年金保険加入者の融資限度額は学生1人につき50万円で、厚生年金加入者の場合は融資限度額が学生1人につき100万円になります。

国教育ローンの場合に融資を受けることができない理由として、多重債務者であるとか、定職を持っていないとか、返済能力がないあるいは少ない場合にも国教育ローンを借りられないようです。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

教育ローンの金利

教育ローンについて考えてみましょう。教育ローンには大きく分けて国教育ローンと民間教育ローンの2つがあります。国教育ローンと民間教育ローンの大きな違いは金利でしょうね。国教育ローンは国民生活金融公庫が扱っていましてインターネットでも申し込みをすることができます。民間教育ローンは銀行・ろうきんやJAなどの民間金融機関で行われています。そこで一番大きく違っている金利ですが、国教育ローンは固定金利で2.5%ですね。民間教育ローンではそれぞれの金融機関によって異なりますが、大雑把に言えば国教育ローンの2倍の金利になっているものが多いようですね。

ただし国教育ローンの貸出限度額が200万円に対して、民間教育ローンでは貸出額が10万円から500万円まであって、審査の厳しい国教育ローンに対して民間教育ローンでは少なくとも国教育ローンよりは審査が甘いようです。

私個人の意見を言わせていただきますと、国教育ローンと民間教育ローンを組み合わせて少しでも低利で融資を受けることをお薦めします。

民間教育ローンでは顔と顔をつき合わせて相談することができますので、国教育ローンをインターネットで調べて、その上で民間教育ローンの相談を民間金融機関でするとさまざまな情報が得られてよいのではないでしょうか。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。