被害事故補償、携行品損害補償の損害保険付き

被害事故補償、携行品損害補償の損害保険付き
万が一の備えも住宅ローンの特典で?どのような場合に補償が付くのかは、必ず確認しよう
万が一のときの被害事故補償(最高3000万円)、携行品損害補償(最高20万円:自己負担額/1事故3000円)が付いているのは、芝銀行「フェリーチェ」。万が一のことはあまり考えたくはありませんが、ストーカーに襲われ重度の後遺症となった場合や、お財布をすられた、旅行中にバッグの盗難に合った場合などに補償が受けられます。他に、旅行代金割引サービスも付いています。アクティブな女性向けの住宅ローンですね。

自分磨きを応援する、女性向け住宅ローンも
シングルライフは、自分磨きに投資している方も多いことと思います。もっと素敵になりたい、もっと知識を身につけたいと好奇心も向上心も旺盛な女性をサポートするのは、琉球銀行「Anju」。会員制の講演会である「タイムス女性倶楽部」や同じく会員制の教養講座である「新報女性サロン」の2期分の会費が無料となるサービスがあります。これは、個人用携帯セキュリティの機器代金と加入料金が無料になるサービスとの選択制です。迷ってしまいますね。

なお、ホームセキュリティの設置費用割引やホームセュリティサービスの利用代金割引サービスは、関西アーバン銀行「レディス住宅ローン」や広島銀行「Myself」でも実施されています。セキュリティ面が充実しているか否かは、シングルライフのマンション購入では大事なポイント。費用面でのサポートもあると嬉しいです。

シンプル明快な契約プレゼント!
生活応援品プレゼントがあるのは、大光銀行「たて美ちゃん」。住宅ローンの借入金額と借入期間に応じて、メニューの中から生活応援品をセレクトできるサービスです。プレゼントメニューは、IH炊飯ジャー、食器乾燥機、ホームベーカリー、除湿乾燥機など。同行では、結婚お祝金5万円や自然災害罹災見舞金5万円などの特典もあります。

さて、いかがでしたでしょうか。全3回にわたってご紹介した「女性向け住宅ローン」、魅力的なものはありましたか。いろいろ特典があっても、自分自身にとって有益なものでなければ意味がありません。ご紹介した以外にもあなたの身近に素敵な特典いっぱいの女性向け住宅ローンがあるかもしれません。

販売側から提示された住宅ローンメニューをただ選択するのではなく、時間と手間を少しだけかけて、それ以外の住宅ローンを是非探してみましょう。住宅ローンとは長いお付き合いをしなければなりません。少しでも早く、有利に返済してお付き合いを完了するには、借りる前の情報収集と比較検討がポイントです。自分にぴったりの住宅ローンを探しましょう。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

普通預金とセットで住宅購入代金

普通預金とセットで住宅購入代金
普通預金とセットで住宅購入代金、引越し代金も割引に!
値引き、割引きはやっぱり魅力。リフォーム代金やインテリア購入代金も割引き対象!
三井住友銀行「WomanPLUS」では、同行の普通預金One’s plusの契約者が提携先会社のサービスを受ける際の割引特典を用意。例えば、マンション契約代金の0.5〜1.0%割引、引越代金10〜20%割引、インテリア購入は5〜40%割引など様々。預金口座を持っていなければなりませんが、利用したいサービスとマッチングするならば、なかなか嬉しい割引特典です。

三井住友銀行に限らず、預金口座の契約とセットで特典が付与される金融機関は他にもあります。スルガ銀行「ホームローンレディース」は、ソネット支店で指定の定期預金を1年間以上、かつ残高300万円以上預け入れの場合に、取り扱い手数料が最高5万円まで減免されます。頭金を定期預金で1年以上頑張って貯めて購入する場合には、自分へのご褒美とも言える特典です。

ATMの時間外手数料等が無料になるのは、りそな銀行や第四銀行。りそな銀行では、3月2日からサービスを開始。りそな銀行で「凛Lin」などの住宅ローンを借り入れている人が対象です。これは、一度徴収したATMの利用手数料を現金で返還するサービスですが、りそな銀行のATM時間外利用手数料のほか、月3回までならコンビニエンスストアや他の金融機関での取引も対象。時間外手数料を気にする程度が少し緩和されるかもしれません。

根強い、ハウスサポート系サービス
水まわりや鍵のトラブルに、24時間対応で駆け付ける応急修理サービスがセットされているのは、池田銀行「LbeA」。お風呂や洗面所、トイレなど、水まわりの急なトラブルに見舞われた経験はありませんか。トラブル、特に住まいのトラブルに直面すると、一人であることを必要以上に意識し心細くなってしまいます。水まわりのトラブルって、何だかとても情けなく悲しくなりませんか。でも、同行のサービスなら24時間対応。シングルライフの強い味方です。提携会社のサービスを利用する仕組みですが、年間契約料は同行が負担、サービス提供期間は最大5年です。

第四銀行「Very me」でも24時間365日、住まいのトラブルをサポート。給・排水管のつまりの除去や故障によるあふれの応急処置、鍵の紛失等による玄関ドア開錠など、現場での30分程度の一時的な応急処置の作業料・出張料が無料となるサービスです。「Very me」では他にも、健康・医療等についての電話相談が無料で受けられるライフサポートがあります。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

女性向け住宅ローン大解剖

女性向け住宅ローン大解剖
女性向け住宅ローンの特長には、金利優遇、保証料ゼロ、繰上返済手数料無料、など住宅ローン返済に直接影響するものから、疾病保障や所得保障などこれまでの団体信用生命保険にプラスの機能が付加されるもの、結婚や出産時に、お祝金や金利優遇が受けられるものなど様々です。

特典やサービスの提供以外にも、年収や勤続年数要件のハードルを低くし、正社員・高収入の女性でなくても融資が受けられる“借りやすさ”を意識した住宅ローンもあります。最終回の今回は、金融機関が個性を競うその他の特典についてご紹介します。

その他の特典、4分類
住宅ローンの特典はいろいろ。自分に有益なものを選びたい
前回のシリーズ第2弾「返済不能支援!女性向住宅ローン大解剖-2」でご紹介したとおり、金利優遇、繰上返済手数料ゼロ、保証料ゼロなどの比較的、どの金融機関にも共通する以外の特典は、大きく4つに分けられました。

[1]返済不能に対するサポート
三大疾病保障付き、ローン返済支援保険、失業・リストラ保険など
[2]結婚、出産、介護、災害、損害等に対する特典やサポート
[3]住まいのトラブルやセキュリティへのサポート
[4]契約御礼プレゼント等の特典

以上のうち、今回ご紹介するのは[3]と[4]です。ここまでになると、特典の内容は金融機関によってバラバラ。特典を見比べるとどれもこれも個性的で、目移りします。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

金利は、5年固定制

金利は、5年固定制
資金計画はやはり悩ましい。
財形住宅融資は公的住宅ローンですが、近年、それらの中ではもっとも低利となっています。4月1日からは1.94%に引き下げられ、魅力的な金利となりました。金利は、返済開始から終了までの全期間、5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制。

また最近注目されているのは、適用金利が申し込み時点の金利となること。民間金融機関では、融資実行時の金利が適用されます。このため、建築に時間のかかるタワーマンションなどでは、申込と物件の引渡しまでに時間がかかるケースがほとんど。資金計画を立てて、コレで大丈夫と申し込んだにもかかわらず、引き渡し時に返済計画の見直しを迫られることは、金利の上昇期においてはよくある話です。申込時金利の適用だとこの心配はいりません。ですが、財形住宅融資は5年固定の変動タイプ。金利の上昇リスクがあることを忘れてはなりません。

ちなみに1.94%、35年元利均等返済、3,000万円の借り入れだと、毎月の返済額は、98,547円。5年後の金利の見直しの際、6年目以降の新返済額は原則として旧返済額の1.5倍が上限。この例だと、金利がいくら上昇しても147,821円以上の返済額にはならない仕組みです。その代わり、金利の上昇具合によっては、払いきれない利息(未払い利息)が発生する可能性があるので注意が必要です。

財形住宅融資の窓口は複数、勤務先で確認を
財形住宅融資は、勤務先の状況により窓口が異なるので確認が必要です。窓口には、以下3つがあります。ますは勤務先の担当部署で確認しましょう。窓口の違いにより、手数料や保証料、金利の取り扱いが異なります。

・勤務先
・財形住宅金融
・住宅金融支援機構

貯まらないシングルのための、貯蓄の強い味方
以上、財形住宅融資についてみてきましたが、いかがでしたか。財形貯蓄は給与天引きであるため、確実に貯められるのも大きな魅力。「あればあるだけ使っちゃう」というシングルライフは多いもの。給与天引きは貯蓄の強い味方ではないでしょうか。給与天引きの金額を徐々に引き上げていけば、ダメージなく少しずつ確実に貯蓄ができます。

まだ財形貯蓄デビューしていないあなたも、まずは勤務先に制度があるか否かを確認するところからはじめてください。融資の上限枠はあるものの、1年以上の積立と50万円以上の残高があれば、10倍までの融資が可能です。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

財形住宅融資

財形住宅融資
4月1日より、財形住宅融資(住宅金融支援機構の財形住宅融資)の金利が現在の2.20%から1.94%に引き下げられます。1%台は平成18年3月以来、約2年ぶりの低い水準。財形住宅融資は5年固定金利制ですが、1.94%は、民間の5年固定の優遇金利と肩を並べうる金利となり財形貯蓄をしている人には朗報です。財形住宅融資の特徴をよく理解し、資金プランの選択の幅を広げましょう。

財形住宅融資を利用できる人、できない人
財形住宅融資が受けられるか否かは、勤務先で確認を
最初に財形住宅融資の特徴を理解しておきましょう。財形住宅融資には、利用できる人と利用できない人の明確な基準があります。それは、いたってシンプル、「財形貯蓄をしていること」です。住宅購入の場合の主な申込人の要件は以下のとおりです。

(1)一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄のいずれかを1年以上続けている方
(2)申込日前2年以内に財形貯蓄の預け入れを行っている方
(3)申込日における残高が50万円以上あること
(4)勤務先から住宅手当・利子補給・社内融資などの援助(負担軽減措置)が受けられる方
(5)ご自分で所有及び居住する住宅を建設される方、購入される方
(6)年収に占めるすべての借入れ(その他のローン、クレジットカードによるキャッシングなど)の年間合計返済額の割合(=総返済負担額)が次の基準を満たす方
年収400万円未満/30%以下。年収400万円以上/40%以下。
(7)申込日現在、70歳未満の方

いかがでしょうか。たまに「財形貯蓄はしているが、住宅財形ではないので融資は無理」と勘違いされている方がいらっしゃるのですが、上記(1)のとおり住宅財形でなくてもかまいません。注意点は(4)。財形貯蓄であれば何でも良いのではなく、ご自身の財形制度の仕組みの確認が必要です。

融資額は財形貯蓄残高の10倍、最大4,000万円まで
財形住宅融資の特徴の一つは、融資額の高さです。財形貯蓄の残高が300万円であれば、3000万円の融資が可能です。他に、取得住宅価格の80%までとのルールがありますが、フラット35との組み合わせであれば、100%まで借り入れできます。融資額の算出が簡単でわかりやすいのも特徴です。

素人主婦がたった一ヶ月で130万円稼いだ!!

繰上げ返済の前に相談しよう

繰上げ返済の前に相談しよう
クレジットかードのボーナス払いは手数料がかからず一見とてもお得なのですが、注意が必要です。繰上げ返済の前に相談しよう!自分が借りたときよりも、金利が下がっていれば借り換えをした方がトクかもしれません。1〜2年後に子供の進学予定がある人も要注意です。多くのカード会社では、12月から6月に買った物を「夏のボーナス払い」、7月から11月に買った物が「冬のボーナス払い」になります。では、気前よく返済した方がいいケースとはどんなケースでしょう?気前よく返済した方がいいケースクレジットカードのボーナス払いやリボ払い。

今借りている金融機関では、原則借り換えはできませんので、まずは、ホームページ等で他の金融機関の住宅ローン金利をチェック。下手な投資よりもしっかり手元にお金が残ります。繰上げ返済をする事は、手元のお金が一時的に無くなる事を意味します。小学校受験で年間最低100万円!クルマ1台分かかります という専門家もいるくらいなので、繰上げ返済どころではなくなってしまいます。中には、とても丁寧に相談に乗ってくれて、金利の相談にも応じてくれるケースもあります。

住宅ローンの借り換えが出来ない人は、出来るだけ頑張って気前よく返しましょう。同時に今借りている金融機関にも相談してみましょう。将来払う利息を払わなくても良くなるので、繰上げ返済はノーリスクでハイリターン。また、一緒にローンを組んだ共働きの妻が、出産後に専業主婦になった場合も難しいでしょう。住宅ローンの返済をしている人なら、ボーナスで少しでも繰り上げ返済出来れば・・・と思うはず。

今後どのタイミングで、繰上げ返済をした方がトクか、もし他の金融機関で借り換えをなら手数料はいくら必要か聞きましょう。投資したと思って、手元にあるだけ繰り上げ返済をしてしまうと、転職や家族の病気など突発的にお金が必要になったときに困った事になりかねません。リボ払いは毎月返済額が一定なので、家計管理に役立つと思ったら大間違いです。そして、その支払いは最大半年後の1月と8月。住宅ローンの借り換えが出来ない人とは、転職した人。

住宅ローンが払えなくなったら

住宅ローンは貯蓄基礎知識の中でも重要な要素をしめていると思います。もしあなたが住宅ローンを借り換える際の金利差の目安についてお話をしておきます。借り換え時には、抵当権などの変更登記費用や各種手数料で30万円程度が必要となりますから、最低でも、借り換えによってその分だけ支払金利が減らないと、かえって損をしてしまいます。

目安としては、住宅ローンの残高が1000万円で、残りの返済年数が10年の場合は借り換えによって1%近く金利が下がらないと、有利にはなりません。いずれにしても、お金のある人は、いざとなったらキャッシュで返せばよいわけだがから変動金利や固定金利期間変動型を借りてもかまわないが、お金がない人は、絶対にリスクを負ってはいけない。これは大原則です。

リストラや質病によって、住宅ローンが払えなくなってしまったらどうすればよいかという問題があります。このときにはまず最初の手段としては、開き直ることです。払えないものは払えないと銀行に直訴する。銀行によって対応は千差万別でしょうが、破産されるよりも、少しでも取り戻したいという考えから、リスケジュール(返済期間や返済額の変更など)なり、金利の減免なり、もっと極端な場合には、元本の減免までやる場合もあります。

ちなみに、民間金融機関だけでなく、住宅金融公庫でも条件変更などに応じてくれ、住宅金融公庫では、年間2万件の条件変更を行っているといわれています。リストラや疾病の場合には、まず正直に銀行や公庫に相談してみることが大切です。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

選んではいけない住宅ローン

貯蓄の基礎知識として住宅ローンのことはぜひ知って下さい。固定金利期間変動型ローンは当初固定期間の金利は、変動金利と比べても更に低いことが多いので、借り換えれば劇的な効果が得られることは確かです。

しかし、お金のない人は、絶対に固定金利期間変動型ローンを選択してはなりません。もちろん新規で借りる人も同じです。その理由は、固定期間は確かに長低金利であるが、見直しのときに、日本経済がインフレに転換していて金利が急上昇したら、もう逃げようがないからです。固定金利期間変動型ローンでは、固定金利終了時の金利が適用されるが、その時点で変動金利も固定金利も急騰しているということは十分ありうることなのです。

たとえば、バブル発生前の住宅ローン金利は、7〜8%程度だった。それが普通で、いまの低金利こそがデフレに伴う異常な水準なのです。低金利の原因になっている「デフレ」は、いまの日本以外、この60年間世界で一度も起こっていない異常な現象なのですから。それが将来何十年も続くなどと想定しては絶対にダメですよ。

もし、多くの人が望んでいる景気回復が実現し、デフレから日本経済が脱却して、住宅ローンの金利がいきなり8%になってしまったら、3000万円借りれていれば、年間60万円だった利息が240万円にもなってしまうのです。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

どの金利を選ぶか

いま借りている銀行が金利の引き下げに応じてくれない場合は、第二段階として住宅ローンの借り換えを考えるべきです。自宅の担保価値が下がっているので、ローンの残高が多いと、借り換えそのものが困難なケースもありますが、簡単にあきらめてはいけません。

安定した返済能力があるなど、いくつかの条件を満たせば、担保評価を超して融資してくれる銀行はあるからです。低金利の住宅ローンに借り換えができれば、毎月の返済額が劇的に下がり、返済年数を大幅に短縮することも可能になってきます。

しかし、ここで注意しなければならないことは、借り換えの際に、目先の利益ばかりに囚われてはいけないということです。住宅ローンの借り換えを申し込んだ際に、銀行側が必ず申し出てくる条件があります。それは、変動金利か固定金利期間変動型の住宅ローンにするのなら、借り換えに応じるというものです。

固定金利期間変動型ローンとは、3年固定、5年固定、10年固定だそ、ローン金利が変わらない期間があり、金利を固定した期間が終了した時点で、再び固定金利か変動金利かの選択が可能となり、金利はその時点の金利水準で見直されるというものです。

しかし、お金のない人は固定金利期間変動型ローンを選択してはいけません。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

住宅ローンの金利を下げてもらう方法

住宅ローンの繰り上げ返済をする場合には手数料のかかる銀行が多いです。資金がある程度まとまってから繰り上げ返済を申し込まないと、手数料の負担ばかり増えてしまうので注意が必要です。しかし、すべてのサラリーマンに繰り上げ返済ができる余裕資金があるわけではないし、繰り上げ返済で住宅ローンの金利が下がるわけでもありません。

一番家計が助かるのは、住宅ローンの金利を下げることです。「住宅ローンの金利は当初から決まっていることで、引き下げるのは不可能だ」と思い込んでいる人も多いのではないかと思います。

実は、銀行の貸出金利は自由に決めることが出来るのです。だから金利そのものを下げることは、銀行との交渉次第では十分考えられることなのです。多くの銀行はリテールバンクを強調しています。これは景気低迷により企業の資金需要が低迷していることや、銀行がリスクの高い企業へ融資することによって不良債権が拡大することを恐れているからです。だから、今は個人は銀行にとって必要不可欠の融資先となっているのです。

どのようにして住宅ローンの金利を下げれば良いかといえば、決して難しいことではありません。現在借りている銀行に行って「金利を下げて欲しい。それができないならが他の銀行に借り換える」と交渉するだけのことです。成功するかしないかは交渉力次第ということです。ただし、実行する価値は十分あります。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

住宅ローンの繰上げ返済

交渉力次第であなたの住宅ローンの金利を下げることも可能なのです。現在の超低金利状況の中でも、貸出には比較的高い金利がついていますね。例えば住宅ローンの金利は、大手銀行の変動金利で2.375%であり、カードローンやクレジットカードおリボルビング払いに適用される金利、さらには消費者金融の融資金利は20%前後にも達しているのです。

まず見直す必要があるのは、家計を圧迫する、ローンであることは誰が見ても明らかなはずです。そこで住宅ローンの見直し、カードローン、消費者金融のローンの見直し方法を説明します。

まず住宅ローンですが、住宅ローンの見直しを考えるときに思いつくのが「ローンの借り換え」と「繰上げ返済」です。もし手元に余裕資金がありましたら、繰上げ返済は有利ですよ。繰上げ返済は、毎月の返済額を減らしてもらう方法と、通称「中抜き」と呼ばれる返済額を変えずに最終返済期限を繰り上げる方法の2つがあります。

収入源のリスクの高い人は、返済額の圧縮が良いでしょうし、リストラのリスクの高い人は中抜きを選んだ方が有利です。たとえば、3%の金利で住宅ローンを借りている人は、3%の金利で運用したのと同じことになるからです。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。