特定調停と自己破産

借金で行き詰ったとき、簡易裁判所に特定調停を申し込めば調停委員が債務者(借金をしている人)と金融業者の間に入り調停をし、金利を利息制限法の範囲内に計算しなおして、返済可能な範囲で最善の方法を引き出してくれます。

特定調停の費用は借入金額によって違いますが、数千円程度ですみます。調停がはじまれば、取立てが禁止されるので、精神的にも解放されることになります。また、金利を多少まけてもらっても済まないほど借金がかさんでしまった場合には、個人版の民事再生法を活用する方法もあります。

サラリーマンの場合、少なくとも可処分所得の2年分を3年かけて返済する必要があるが、それで借金はすべて終わりになります。給与が差し押さえられることもないし、住宅ローンは対象になりませんので、自分の家を手放す必要はありません。

もちろん、最後の手段として自己破産があります。自己破産が認められると、借入金がすべてなくなります。しかしデメリットとして、マイホームの競売、一部の公的職業に就けなくなります。クレジットカードが作れなくなるなどといった、制約がかかってきます。

ただ、借金を返していく安定収入がない場合には、これ以外に方法はありません。ローン破綻を避ける極意は、病気への対処と同じです。まずは予防、そして早期発見、早期治療です。傷の浅いうちに対処することで、致命傷にならずにすみます。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

弁護士とヤミ金融

貯蓄基礎知識として何となくとんでもない方向に進んでいるような気がしますが、一応貯蓄基礎知識として知っていてくださいね。多重債務者で消費者金融やカードローンから借り入れが多い場合に、弁護士に相談する。ひとたび弁護士が間に入ると、利息制限法による制限金利を超えた部分は、すべて無効にしてくれます。利息制限法の金利を超えてすでに返済してしまった分は、借金の元本から差し引いてもらえるのです。すでに大きな金額を返済している場合、借金そのものがゼロになることもあります。

また、ヤミ金融からの借金がある場合は、返済の多寡にかかわらず、借金そのものの存在を無効にしたうえ、既に返済した金額を取り戻してくれる弁護士もします。「出資法違反の超金利によるヤミ金融の貸付行為は、公序良俗により無効であり、ヤミ金融から受け取った金銭は不法原因給付として返還の義務はなく、借主が支払った金銭は、不当利得として返還請求権がある」という理屈です。

ただし、この方法をとってくれるのは、ヤミ金融と全面対決を構える弁護士だけで、一般には少なくとも元金は返すべきだと言う弁護士の方が多いようです。

一方、手間はかかりますが、弁護士に依頼しなくても、自分自身で高金利ローンを整理する方法もあります。それが特定調停です。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

弁護士の選び方

貯蓄基礎知識としてローンの返済に困った場合に備えて貯蓄基礎知識をぜひ身につけてください。消費者金融やカードローンなど多重債務に陥る前、例えば借入金を合算して200万円以内くらいであれば、金利8〜10%程度の銀行系のフリーローンに1本化して、毎月の返済額を減額させることもできます。

しかし、やむをえない事情で借入金が200万円以上に膨らんでしまった場合には、まず弁護士に相談することです。よく「多重債務の方は気軽にご相談ください。あなたの債務を整理します」という広告を見かけますが、そういう広告には注意してください。悪質弁護士の可能性もありますから。司法試験は人間性をチェックする機能はないので、弁護士資格を持っている人が、必ずしも良い人とは限らない。それどころか、ヤミ金融業者と結託している弁護士も残念ながら存在しています。

だから弁護士に相談といっても、どの弁護士に相談するかが大きな問題となってきます。信頼できる弁護士を知っていればそれが一番望ましいですが、普通は弁護士との付き合いはないでしょう。ではどのように弁護士を選べば良いか。

その一つの方法として都道府県ごとに設置されている弁護士会に相談するのがベストです。ヤミ金融との関係など弁護士会がチェックした、いわばウィルスチェック済みの弁護士を紹介してもらえます。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

ローンのためにローンを組む

貯蓄基礎知識として各種のローンも考えておく必要があります。住宅ローンや教育ローンの返済が苦しいからといって、消費者金融やカードローンから借りて住宅ローンや教育ローンの返済に回している人もいるのではないでしょうか。中には、昨今問題になっているヤミ金融まで手を出すというケースもありますね。ヤミ金融は論外として、消費者金融やカードローン自体は決して悪いサービスではありません。

ただ、この手のローンはあくまでも短期の資金繰りをつけるために借りるものという認識が必要なのです。給料日まで資金繰りがつかないから借りるというのは、別に何も問題ありません。しかし、それを住宅ローンに回すというのは大きな問題です。長期で20%近い金利がつくローンを利用すれば、家計破綻は目に見えています。

日本人は欧米人と違って、とても義理堅い。一度借金したら後はすべて自分の責任で、返すのが当たり前、逃げることを潔しとしないという国民性があります。その国民性のせいで、住宅ローンを返せなくなると、消費者金融やカードローンの借金を積み重ねて多重債務に陥ってしまう。さらに消費者金融が借りられない段階になると、ヤミ金融までいってしまう人が多い。

だから、借金に追い詰められたら出来るだけ早い段階で、少し性格を悪くすることも必要ですよ。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。