年金の問題カテゴリの記事一覧

国民年金の免除制度

国民年金の免除制度には法定免除と申請免除、そして平成14年度に新設された半額免除制度があります。この制度を活用すれば免除期間中は年金受給資格年数に加算され滞納扱いにはなりません。法定免除とは、障害者年金、障害者年金を受けている人や生活保護法による生活扶助を受けている人が自動的に免除対象となるというもので。

申請免除とは、失業や災害などの理由から保険料納付がいちじるしく困難な場合に市町村の国民年金課に申請することで保険料納付を免除してもらうことです。この申請免除には、保険料の全額を免除してもらえる全額免除制度と、保険料の半額を免除してもらえる半額免除制度があります。半額免除制度は正規保険料の半額を納付すればよいものです。

全額免除対象となる世帯所得は年164万円以下、半額免除の対象となる世帯所得は285万円以下です。もし失業中にアルバイト、パート収入があっても免除制度は利用できますので、市町村の国民年金課に問い合わせて利用してください。

この免除制度を利用した場合には、老齢基礎年金額は減額されますが、それほど大きな金額差にはなりません。たとえば、全額免除を5年間受けたとしても満額の老齢基礎年金額では6万円程度です。また生活が安定してきたら老齢基礎年金を増額するための追納も10年間にさかのぼってできます。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

国民年金の免除

貯蓄基礎知識として国民年金についてお話をします。サラリーマンが失業すると公的年金は厚生年金から国民年金に変更しなくてはなりません。つまり第2号被保険者から第1号被保険者となるのです。そして、その妻も年金保険料を免除されていた第3号被保険者から第1号被保険者となり、国民年金の加入手続きをおこなわなければなりません。

夫婦それぞれが毎月14000円、夫婦では28000円を納付することになります。リストラ失業の憂き目にあい生活が苦しくなったにもかかわらず年金保険料が家計を圧迫します。しかし、家計が苦しいからといって保険料を納めないと、それが滞納期間となり、老齢基礎年金は減額され、最悪の場合には、老齢基礎年金が受給できなくなることも十分に考えられます。

公的年金の受給資格は、年金保険料の納付期間が厚生年金加入期間と国民年金加入期間を通算して25年以上となっているため、滞納期間が長くなると、受給資格年数をクリアできないことも十分考えられます。滞納期間を埋めるための年金保険料の追納は2年間分しかさかのぼれないのです。

それだけではなく、滞納期間中に万一のことがあっても、遺族年金や障害年金が支給されないケースもあります。

生活苦に陥ってしまったら、公的年金の保険料を全額、あるいは半額を免除してくれる国民年金保険料の免除制度を活用することをおすすめします。

貯蓄をしたいと思っている人は多くいると思います。しかし貯蓄基礎知識が少なく、貯蓄方法が分かっていないのですね。貯蓄基礎知識を十二分に蓄えてあなたなりの貯蓄方法を作り出して貯蓄を増やしてください。貯蓄は貯蓄基礎知識さえしっかりと身につけてば決して難しいことはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。