単身赴任のお父さん用の家具

単身赴任のお父さん用の家具
人生には、結婚、出産、転居などさまざまな出来事がある。しかし、それらのシーンで必要な物というのは、その時しか使わない物のほうが圧倒的。一度しか使わないものに、高いお金を払って買うなんてこと。賢い主婦はしちゃいけません。この「一度しか使わない物を安く手に入れる」というニーズに応えてくれるのが、レンタル商品。

必要な時に必要な物を、買うよりも安い料金で借りることができるので、あなたの家計を助けてくれること間違いなし!たとえば、夫が1年間だけ単身赴任することになったときにも、レンタル商品は大活躍。冷蔵庫、洗濯機などの家電製品はもちろん、はては電気釜まで生活に必要なものがそろっているので、すべて借りてすますことができるのだ。

希望の商品を申し込むと、備品のレンタルから設置、撤去まですべて業者がしてくれる。しかも、レンタルしていた商品が途中で故障したときは、無料でメンテナンスまでしてくれちゃうのだから、買うよりもずっとお得。何より、必要なときにもってきてもらい、いらなくなったら引き取ってもらうことができるので、引越しの手間とお金もかからない。

大手レンタルショップの料金表を見てみると、80リットルの冷蔵庫を1年間借りた場合、24、000円。同様のものを買ったら、ディスカウントショップでも3万円はくだらないので、かなりお得である。

アクセサリーは手作りで個性的に

アクセサリーは手作りで個性的に
今、デパートなどで、自分でアクセサリーを作れるグッズがたくさん売られている。ビーズやウッディなものなど、素材も色も豊富に取り揃えられている。これを利用すれば、お金をかけずに、自分だけのアクセサリーを作って楽しむことができる。

刑務所製品は市価の7割で手に入る。いい品物を安く買い求めるのが、節約の上手な決め手!全国にある刑務所に服役している受刑者が、矯正を目的として作っている家具や工芸品は、市場に出ているものに比べると、7割の価格で手に入れることができる。まして、品質もいいものが多いので、うれしい限り。この製品を扱っているところは、法務省の刑務作業運営に協力している外郭団体の事業部門。ここでは販売案内をしてくれるだけはなく、カタログも送付してくれるので、新しい家具を購入する際には、ぜひとも利用してほしい。新聞に案内が出ていることもあるよ!

借りて得するレンタルショップ
子供の七五三の晴れ着など、一生に一度しか着ないとわかっているものは買ってしまうのはもったいない。ましてや、友達や親戚の結婚式に出席するのに、いつも同じ洋服を着るわけにもいかないからといって。毎回、買っていたら、いつまでたってもお金はたまらない。そこで役立てたいのがレンタルショップ。衣装は、ものにもよるが、買う値段の2〜3割くらいで借りられるものもある。また、収納スペースがなくて困っているという悩みにも、レンタル商品だったらこたえてくれるので大助かりだ。

美容院には行かないで

美容院には行かないで、カットは自分で
毎月の美容院代や理容代はバカにならないもの。どんなに安い美容院でも、カットするだけで2000円〜3000円はかかるし、パーマやヘアダイをしたら、あっという間に1万円なんてことにもなりかねない。子供や夫の理容にしても、3000円は軽く超す。そこで、カット用のすき鋏やレザーカッターを用意し、自宅でカットしてしまおう。夫婦2人に子供が2人いるとして、1ケ月に約1万円は節約することができるのだから、やらなきゃ損!

公共のリサイクルセンターなら欲しいものがタダで手に入る。公共のリサイクルセンターは、家庭から出る粗大ゴミの中で、まだまだ使えそうな電化製品や家具を無料で提供してくれる。隠れた穴場。節約上手な人なら、絶対に一度は足を伸ばしているはずだ。

決められた日時にリサイクルセンターに行き、自分のほしい品物に目星をつけ申し込み、その後に、抽選で当選者が決まるというのが、その仕組み。

もちろん、運送代は自分で負担しなければいけないが、これだってマイカーを利用すれば、お金はかからない。こんないいところを見逃す手はない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。